お茶とアロマの心理的効果

ヘルス

「お茶で集中力を高めたい。」「アロマで不安や緊張をほぐしたい。」

このように思う人は割と多いのではないでしょうか?

お茶やアロマを使って気分を上げたり、リラックスするために使ったり等、楽しみ方は色々あると思います。

今回は、お茶やアロマに興味がある人向けに、集中力が上がるお茶&アロマ、不安や緊張をほぐすお茶&アロマを紹介していきたいと思います。

Xserverドメイン

1.集中にはミント、休息にはカモミール

ハーブティーには、どんな効果があるのでしょうか?

ハーブティーの与える効果について

  • ペパーミントティーを飲ませたグループ
  • カモミールティーを飲ませたグループ
  • 白湯さゆを飲ませたグループ

の3グループに分けて実験を行いました。

その結果、ペパーミントティーを飲んだグループは、そうでないグループに比べて

  • 長期記憶アップ
  • ワーキングメモリアップ…頭の回転が速くなる
  • 注意力アップ

という結果が得られました。

一方、カモミールティーを飲んだグループは、そうでないグループに比べて

  • 緊張と不安改善
  • 記憶力・集中力がややダウン

という結果が得られました。

つまり

  • 集中力を上げたい時はミントティー
  • 休憩したい時はカモミールティー

という使い分けをすると効果が出ます。

ハーブティーなら、緑茶やコーヒーよりもカフェインの含有量が少なめなので、カフェインが苦手な人でも飲みやすいのではないかと思います。

例えば日中、集中したい時にミントティー、仕事が終わって一息つきたい時にカモミールティーを飲むのも良いかもしれません。

ここでミントティー、カモミールティーのおすすめ商品を貼っておきます。

2.集中にはローズマリー、休息にはラベンダー

同じような効果が、アロマオイルでも確認されています。

アロマオイルの与える効果について、65歳の参加者を対象にして

  • ローズマリーオイルを焚いた部屋に入ったグループ
  • ラベンダーオイルを焚いた部屋に入ったグループ
  • 何も焚いていない部屋に入ったグループ

の3グループに分けて実験を行いました。

その結果、ローズマリーオイルの部屋に入ったグループは、そうでないグループに比べて、記憶力が15%もアップしていました。

一方、ラベンダーオイルの部屋に入ったグループは、そうでないグループに比べて

  • 緊張と不安改善
  • 記憶力減少

という結果が得られました。

つまり

  • 集中力を上げたい時はローズマリーオイル
  • 休憩したい時はラベンダーオイル

という使い分けをすると効果が出ます。

ローズマリーオイルについては、アロマテラピーインストラクターのRiyuさんの記事がとても参考になるので、ぜひ読んでみてください。

ローズマリー精油の種類や禁忌、集中力アップと肌と髪への効果効能
ローズマリー精油はシネオール、カンファー、ベルベノンとありますが、一番扱いやすいローズマリー・シネオールを中心に紹介。ローズマリー精油の禁忌と使い方、作用や効果効能を解説。肌と髪・頭皮に、集中力アップや風邪予防にも作用がある人気の精油です。

ラベンダーオイルについては、過去記事で紹介しているので、こちらを読んでみて下さい。

ローズマリーオイルとラベンダーオイルのおすすめ商品を貼っておきます。

まとめ

いかがでしたか。

まとめると

  • 集中したいなら、ローズマリーオイルとミントティー
  • 休憩したいなら、ラベンダーオイルとカモミールティー

の組み合わせが効果的です☆

お茶やアロマに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました