五月病にならない目標設定とやる気アップの方法

ストレス

「5月に入ってから、何となくやる気が出ない(*´Д`)」「イライラして、仕事や勉強に集中できない( ;∀;)」

このように感じている社会人や学生さんは、割といるのではないでしょうか。

今回は、五月病で仕事や勉強のやる気が落ちてしまうという人のために、五月病にならない目標設定とやる気アップの方法について紹介しようと思います。

フローに入るための目標設定

五月病にならないためには、フローに入りやすくなるための目標設定が必要になってきます。全部で5つあります。

基本的なポイントとしては、大きな目標設定(年収1000万円など)を作ってから、いったん忘れましょう。

目の前にある小さい目標(スモールゴール)に集中するためです。

1.客観的・具体的プラン

他の人が見ても同じように見える、客観的で具体的なプランを作ります。

例えば

・ブログを月10記事書く

・ダイエットで10落とす

・営業で20件アポイントを取る

などです。

2.反復可能性

作業を反復することで、自分のレベルが上がっていること(上達していること)を認識することが大切です。

英語でいうと

・長文の読解量が増える

読解スピードが上がる

理解度が深まる

といったイメージです。

その後、同じ手順で繰り返しできることをベースにして、時々違うものを入れます。

3.フィードバックの持続

フィードバックの持続する方法を4つ紹介します。

①作業後にカレンダーに記録

作業後に何回続いたのか、累計どれくらいかをカレンダーに記録します。

スマホのカレンダーでも良いですね☆

②カレンダーに〇を付けていく

作業後にカレンダーに〇を付けます。

ラジオ体操のスタンプラリーのような記録方法です。

③寝る前に感想を記録

どの活動が満足度や充実度を感じたか、どこを頑張れたかの記録を取ります。

スリー・グッド・シングズに近いですね☆

④他人からのフィードバック

フィードバックの中で、一番効果が高い方法です。

ブログやYouTube・英会話やダイエットなど、他人からのフィードバックがある方が、やる気が高まります。

4.ストレスがあること

人間は、ノンストレスだと作業に集中できないと言われています。

作業に適度なストレスを加えるには

時間制限を付ける…タイマーを付ける

タイムアタック制…ストップウオッチを付ける

難易度を高める…納期を変える,やり方を変える

などの方法があります。

適度なストレスを乗り越えると信じられるかどうかが鍵となります☆

5.苦手な課題はあるか

自分はチャレンジャーなんだという感覚が、やる気を高めてくれます。

今まで、苦手でチャレンジしてこなかった新しい事を作業に入れてみます。

五月病になりやすい人はチャンス

五月病になりやすい人は、「あ~ダメだ( ;∀;)」などと自分への苛立ちが強い傾向があります。

実はこのような、自分へのイライラなどの強いストレスは集中力に変えられます。

最初に強いストレス感情を感じたら

・深呼吸

・散歩

・ストレッチ

などで、一気に身体をリラックスさせます。

リラックスすることにより、身体からNOx(窒素酸化物)という物質が発生して集中状態に入れます。

| 究極のリラックス法

具体的なリラックス方法として、坂本竜馬座り×3.2.5呼吸法というものがあります。

①坂本竜馬座り

坂本龍馬座りの方法として

1.足をひらいてイスに座る…膝の角度を90度より少し広くする

2.背中を伸ばしてお腹はリラックス…腰・お腹ラインを90度にする

をします。

つまり、坂本龍馬の肖像画のような座り方をします。

②3.2.5呼吸法

その後

3秒かけて吸う

2秒かけて止める

5秒かけて吐く

を行います。

間の2カウントが肝です。間の2カウントで、肺の酸素の交換が効率よく行われるからです。

3.2.5呼吸法には、リラクゼーション効果を高める効果があります。

まとめ

いかがでしたか。

五月病にならない目標設定とやる気アップの方法について紹介しました。

五月病でやる気が出ないという人は、参考にしてみてください。

関連本を貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました