無駄遣いしないファイナンシャルプランの立て方

お金

「なるべく無駄遣いせずに過ごしたい。」「より良い資産形成をしたい。」

日々生活をしていると、つい物欲や欲望に負けてしまい、お金を浪費しがちになることがありますね。

今回は、物欲と欲望をコントロールできない人のために、無駄遣いせずにより良い資産形成をする方法や資産形成のためのメンタル作りを紹介していきたいと思います。

Xserverドメイン

1.感情消費

自尊心が低下すると、無駄遣いが4倍も加速します。

例えば、被験者が2グループに分かれて

①老人の死に関する動画

②グレートバリアリーフの動画

をそれぞれ観てもらいました。

その後、販売されてるスポーツ用のマイボトルに対して、①のグループは②のグループよりも300%も多い金額を出しました。

原因として

ネガティブな動画を観ると自尊心が低下する

自尊心が低下することで物の価値が下がった(物の価値は自尊心で変化する)

ことが挙げられています。

また自尊心の低下は、同じものにお金を使いやすくさせる原因にもなります。

自尊心の低下は、セルフコンパッションで対策しましょう。

セルフコンパッションは過去記事で紹介してるので、参考にしてみてください。

2.信頼しやすい顔に気を付ける

人は、信頼しやすい顔の相手にお金を出す傾向があります。

例えば、「信頼する人にお金を預けてください。」と言われ

①信頼できそうな顔

②信頼できなさそうな顔

の2グループに分けました。

その結果、被験者は①の信頼できそうな顔の人に多くお金を預ける傾向がありました。

つまり

人は顔の印象だけで相手を信頼してしまう

性格の悪い情報を載せても、ぱっと見で判断してしまう

習性があることが分かります。

なので、相手の顔だけで判断する顔バイアスには気を付けましょう。

3.リフレクション

リフレクションは高級品欲求を抑える効果的な方法です。

リフレクションとは、自分が最近物を購入し使用した体験を思い出すことを意味します。

一般的に人は

物を買う時、それを使う未来を想像して購入する

物を欲しいと思うと、値段に対して甘くなる

といった特性があります。

高級品の値札が小さいのは、商品の欲求を掻き立てさせる為にあります。

ただリフレクションをすることで、高級品を買う欲求を14%抑えることができました。

理由として

リフレクションで自分が最近手に入れた商品の機能に意識が向く

実用性が高くて高価な商品はあまりない

ことが挙げられています。

高級品を買う際は、似たようなものを使った時の経験を思い出すのがコツです。

4.デコイ効果を入れておとりにする

デコイ効果とは、お金に対するバイアスの一つ相対化の罠とも呼ばれています。

例えば

①webページの雑誌…年間60ドルで読める

②紙の雑誌…年間100ドルで読める(デコイ)

③webページと紙の雑誌…年間100ドルで読める

の選択肢を作ると、③を選ぶ確率が高いことが分かりました。

理由として

明らかに劣っている選択(デコイ)を入れて比較対象(おとり)にする

人は比べやすいものを選択する生き物

人は明らかに良いものを選択する

ことが挙げられています。

そう考えると、世の中はデコイ効果で溢れていますね。

デコイ効果から逃れる方法

デコイ効果から逃れる方法として

同じお金を払うなら他に使えるものは?

同じお金で自分の人生を変える買い物は?

等、グローバルシンキングを使って、買い物の選択肢を広げることが大切です。

5.お金ばかり考えている人は不幸になりやすい

普段、お金の事ばかり考えている人は小さな幸せを感じづらくなります。

実際に

①札束を見てからチョコを食べる

②札束を見ないでチョコを食べる

の2グループに分けたところ、①のグループはチョコを食べきるまで僅か35秒、②のグループは45秒かかりました。

札束を見たグループは

豪華で贅沢な体験に目が向く

小さな喜びに目を向けなくなる

ため、チョコレートをゆっくり味わう余裕がなくなりました。

なので稼いだら、オフはお金以外に意識を向けるというメリハリが大切になります。

6.賢くお金を使うための3つのポイント

賢くお金を使うためには3つのポイントがあります。

Ⅰ.お金の意味を考える

人生のゴールは人によって違うので、お金の使い方や金額も人によって変わってきます。

なので

お金の意味についてひたすら自分に問う

お金とは自分にとってどういうものなのか考える

ことをします。

ちなみに僕にとってお金は

  • 安心・快適に生きる
  • 趣味に生かす
  • 自由になる

ためのツールとして考えています。

Ⅱ.72時間テスト

物欲は約10分~72時間しか持たないとされています。

なので

72時間(3日間)以降も欲しいかどうか

本当に必要なものは72時間以降も欲しい

を指標にしてみます。

Ⅲ.オーバーナイトテスト

オーバーナイトテストとは、イメージトレーニングで物欲を抑える方法です。

オーバーナイトテストをすることで、買い物したいと思うもの以外は必要ないと思えるようになります。

オーバーナイトテスト概要

オーバーナイトテストの概要として

①家にあるものがすべて売られ、買い戻すお金だけが手元に残った。

②もう一度買い直したいものはどれですか?

③なぜそれを買い直すのですか?

④なぜそれを買い直さないのですか?

これらの質問を自分に問いかけます。

自分の価値観を知ると、買う必要のあるものが解ってきます。

まとめ

いかがでしたか。

ファイナンシャルプランの立て方をいくつか紹介しました。

無駄遣いしがちな人の参考になればと思います。

関連本を貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました