HSS型HSPの特徴

HSP

皆さんは、HSS型HSPについて何か聞いたことがありますか?

HSPについては以前から知っていたので、ブログでも紹介していましたが、HSS型については最近まで知りませんでした。なので今回は、HSS型HSPの特徴について色々と調べてみました。

自身が少しでも当てはまってるなと感じたら、ぜひ今後の指針にしてみてください。

HSSとはHigh Sensation Seeking(刺激探求型)のことで、内向的で静かな生活を好む本来のHSPとは違い、どちらかというと外向的で好奇心が強いタイプを指します。 つまり「HSS型HSP」とは、「非常に敏感なのに刺激を求めてしまう人」のことです。

1.HSS型HSPについて

HSS型HSPは、全人口の約6%ほど占めています。HSPの中でも、3割しか含まれていません。

わりと少数派ですね☆

| HSS型の特徴

ここからは、HSS型の特徴をいくつか紹介します。

①刺激を求めるHSP

基本的に、HSPの人は刺激に対して敏感で、神経を高ぶらせる物質や警戒心を高めるホルモンが多く出ます。

ただHSS型は刺激に対してポジティブです。

例えば

・一つの仕事でじっとしていられない

・恋愛では色んな人と付き合いたい

・一人で海外旅行に行きたい

と思う傾向があります。

②内向型ではなく外向型

HSS型の人は、人との関わりが欲しいと思う傾向があります。人との関わりでエネルギーを充電し、人と一緒に何かしたいと考えます。

逆にHSPの人は、人と長く一緒にいたくないと思う傾向があります。

③受ける刺激は一緒

HSS型もHSPと一緒で、受ける刺激は一緒です。

HSS型の欠点として

・燃え尽きやすい…行動しすぎてエネルギーが無くなってしまう。

ポジティブすぎるリスク…受けなくていい仕事を受ける等。

・行動して失敗するリスク…大胆な時があるので失敗する可能性が高い。借金等。

といった特徴があります。

④HSPと重複する

HSS型はHSPと重複しています。

疲れている時はネガティブ(HSP)余裕がある時はポジティブ(HSS型)になることもあります。

2.HSS診断

HSS診断として10項目ほど挙げられています。

①人と関わるのが平気

②知らない土地とお店に行くのが好き

③独自のアイデアが多い

④変わっていると言われる

⑤家にずっといるとすぐ疲れる

⑥人と違ったことがしたい

⑦冒険や探検という言葉が好き

⑧ダメだと分かっていても衝動が止められないことがある

⑨世の中はワクワクや楽しいことで満ちあふれていると思う

⑩ホラーや攻撃的な映画・マンガなどを読みたいと思うことがある

当てはまる項目が多いほど、HSS型の傾向が高くなります。

皆さんも診断してみてください。ちなみに僕は7つほど当てはまりました。

3.HSS型は天才肌!?

HSS型は天才肌と呼ばれています。

理由として

・好奇心が旺盛…好奇心が旺盛なので、新しい物事を求める。

・発想力・行動力がある…プラス思考が強いので、柔軟な発想力で行動してしまう。

・探求心がある…物事を突き詰めて、深く掘り下げる。

等のメリットが挙げられています。

| 能力を活かすためのポイント

ただHSS型の人は、発想が常人離れしているので、なかなか人に理解されづらいことがあります。その結果、発想だけで終わってしまう人もいます。

なので、発想を活かす

  • リアリティ
  • 計画性
  • 慎重性

を持つことが大切になってきます。

4.HSS型が言われやすい言葉

実は、HSS型の人が言われやすい言葉がいくつかあります。

①変わり者

HSS型は行動的で刺激を求めるので、すぐに試そうとします。また、他の人が興味ない情報を持っている傾向があるので、変わっていると言われることがあります。

②天才肌

HSS型は、特定の物事に対しての情報をたくさん持っています。また発想力や行動力があるので、天才肌と呼ばれることもあります。

③空気が読めない

これはHSP全般が言われやすい言葉です。深く考えた結果、その場に合わない答えを出してしまいます。

④物知り

HSS型は好奇心が止まらないので、自発的に情報を集めます。なので、専門家顔負けになることもあります。

⑤よく分からない

HSS型HSPは圧倒的に数が少ないので、なかなか人から理解されません。行動力がありますが、繊細な部分も併せ持っています。

これらの言葉は、悪意があって言われている言葉ではなく、むしろ誉め言葉として使われるケースが多いです。

5.HSS型がラクに生きるコツ

HSS型の人でも、ラクに生きるコツがいくつかあります。

①望んだ刺激を求める

望んだ刺激を追求しましょう。

刺激はポジティブなもの、ネガティブなものに分けられています。自分にとって、ネガティブな刺激は物足りなさが残るので、モチベーションが上がることかどうか、事前にチェックしてみます。

②準備を楽しむ

準備を楽しみましょう。

HSS型の人は、一人で旅行をする人が多い傾向があります。自宅にいながらワクワクすることが大切です。準備も旅行の一部なので、どこを見てまわるか、何を買うか、キャスターで行くかなど、頭の中でイメージを膨らませます。

③失敗傾向をまとめる

失敗傾向をまとめましょう。

HSS型の人は、大きな失敗をする可能性が高いです。準備をする前に試して失敗するケースが多いので、事前に失敗する傾向をつかんでミスを減らしていきます。

④ホッとできる時間を作る

ホッとできる時間を作りましょう。

HSS型の人は、日々息継ぎなしに動き回っている傾向があります。その結果、燃え尽きてしまいます。普段から適度に休むこと、意識して一息する時間を作ることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか。

HSS型HSPの特徴を紹介しました。

心当たりある人は、是非参考にしてみてください。

関連本を貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました