ADHDに有利な6つの職業

ADHD

「ADHDって、どんな職業が向いているのかな?」「ADHDの特性を生かした仕事がしたい!」

このように考えるADHD気質の人は、けっこういるのではないでしょうか。

今回は、ADHD気味で仕事で悩んでいるという人のために、ADHDに向く職業とその特徴を紹介していきたいと思います。

ADHDの人は

  • 自分の才能を活かして、成功する方法を知る事
  • 自分を知り、学び活かす事

が大切になります。

Xserverドメイン

ADHDに向いている6つの職業の特徴

まずは、ADHDに向いている職業の特徴を6つ紹介します。

1.情熱が必要な職業

ADHDの人は、強い情熱が必要な職業に向いています。

例えば

没頭が必要な仕事…ピアノを弾き出したら永遠に弾き続けられる

等が挙げられています。

2.緊急性への反応の高さが求められる職業

ADHDの人は、緊急性への反応の高さが求められる職業に向いています。

ADHDの人は

・切羽詰まらないと動かない

・必要性を感じないことには興味が無い

といった特徴があります。

ただ

・緊急性の問題には非常にいい仕事ができる

・創造性が高い故に問題の対処能力が高い

というメリットがあります。

3.明確さへの反応の高さが求められる職業

ADHDの人は、明確さへの反応の高さが求められる職業が向いています。

ADHDの人には

・ルールや順序が明確化してないと処理できない

・逆に物事が明確だと没頭できる

といった性質があります。

4.スピーディーな行動が求められる職業

ADHDの人は、スピーディーな行動が求められる職業に向いています。

今の時代は変化が早いので、直感的なADHDにとっては有利な時代になってきています。

逆に、大企業や昔ながらの伝統的な企業には、あまり向いていません。

5.実践的な創造性を発揮する職業

ADHDの人は、実践的な創造性を発揮する職業に向いています。

例えば

・新しいサービスやビジネスモデルを構築する仕事

・歌や演技 技術開発 システム開発

等が挙げられています。

6.リスクを取るのが日常的な職業

ADHDの人は、リスクを取るのを恐れない性質があります。

なので

起業家や投資家など、リスクを取るのが日常的な仕事

に向いています(パチンコやギャンブル等は除く)。

リターンを見込めるリスクを選択するのが大切です。

ADHDに向いている6つの職業

ここからは、ADHDに向いている職業を6つほど具体的に紹介していきます。

1.永続的興味が持てる仕事

ADHDの人は、永続的な興味を持てる仕事に向いています。自分が永続的に興味を持てるものなら何でも良いです。

ADHDの人は、注意散漫になりやすいですが、興味を持つと没頭できます。

ADHDの人は社会的報酬(褒められる,SNSのいいね等)を大事にするので

  • ソーシャルワーカー
  • 神父さん
  • 芸能人

等、他人からの感謝が目に見えやすい仕事が合っています。

2.緊急性の高い仕事

ADHDの人は、緊急性と負荷の高さがある仕事に向いています。優先順位が明確な仕事であることがポイントとなります。

例として

  • 警察官
  • 医者・看護師
  • 消防士

等、命がかかわる仕事が向いています。

3.ルールが明確な仕事

ADHDの人は、ルールが明確な仕事に向いています。

例として、高度に構造化された分野

  • データアナリスト
  • 弁護士
  • 会計士

等、分析し戦略を立てる仕事が向いています。

4.変化がある仕事

ADHDの人は、変化がある仕事に向いています。

ADHDの人は、常に思考が変化しています。例えば、映画を観ながら他の事を考えてしまいがちになります。

なので

  • 外科医・救急救命士
  • 教師
  • 小売店の店員

等、一定の変化がある仕事に向いています。

5.創造性を発揮できる仕事

ADHDは、創造性を発揮できる仕事に向いています。

その中でも、実践的な創造性、あるものを工夫して変化させることが得意です。

例として

  • ミュージシャン・アーティスト
  • 発明家・建築家
  • 研究者

等、問題解決が必要な仕事に向いています。

6.リスクのある仕事

ADHDは、リスクのある仕事に向いています。

例として

  • 起業家やフリーランス
  • 株式のブローカー・トレーダー
  • プロスポーツ選手

等、独立性のある仕事に向いています。

まとめ

いかがでしたか。

ADHDに向く職業とその特徴を紹介しました。

ADHD気味の人は、仕事選びの参考にしてみてください。

関連本を貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました