DCシューズを履いてみた感想

雑記

昨年から、仕事用のシューズが、雪や雨の影響で濡れやすくなっていました。

かれこれ4年ぐらい履き続けると、耐水性がなくなって劣化してくるのかもしれません。

なので、昨年末に自分へのご褒美として新しいシューズを買いました。

今回は、購入したDCシューズについて、感想を交えながら深掘りしていきたいと思います。

Xserverドメイン

1.新しいシューズはDC

新しいシューズはDCの商品にしました。

聞き慣れないブランドだと思うので少し説明します。

DCシューズは、アメリカのスポーツ用品メーカー。1994年にプロスケーターのダニー・ウェイの兄であるデーモン・ウェイ、コリン・マッケイ、ラリードライバーのケン・ブロックらによって創設された。

現在もダニーやコリン他、多くのプロスケーターのスポンサーである。他、スノーボードやラリーなどの多くのスポーツイベントのスポンサーを務める。

ブランド名は前身のDROORS CLOTHING(ドロアーズ・クロージング)の頭文字からとったもの。なお、そのロゴデザインはフランスのシャネルのパロディ。

アスリート達の声を大きく反映した高い機能性を持つ商品ラインナップを誇る。

ストリート、スケート、レース、スノーなど、様々なカテゴリー別の商品があり、アパレルやシューズは世界的に非常に人気が高い。

Wikipediaより引用

DCは、スケートボード用のシューズとして有名なのですが、購入するまでは全く知りませんでした(笑)

聞きなれないブランドでしたが、スタイリッシュでおしゃれなデザインという印象を受けました。

2.27.0サイズのシューズを購入

スタッフに促されてDCシューズを履いてみると、材質は硬めの印象。まるでサッカーシューズを履いているような感覚になりました。

普段は、26.5サイズの靴を履くことが多いのですが、26.5サイズが在庫切れだったため、27.0サイズの黒い靴を購入。

DCシューズは、日本製のものよりサイズが小さめのブランドなため、大丈夫かなと高をくくっていました。

ただやはり、靴のサイズが少し気になってはいました。

3.中敷きを入れて改善

嫌な予感は的中。

仕事中にDCシューズ、履いてるだけで脱げやすくて違和感だらけ( ;∀;)今さら返品するわけにもいかず、対策として中敷きを入れてみました。

やはり効果はありました。

シューズが足のサイズにフィットして、以前より格段に歩きやすくなりました。サイズが大きくて合わないなと思ったら中敷きを入れることをオススメします。

ぼくは100均の中敷きを使っているのですが、足への負担もだいぶ減りました。

4.DCシューズを履いて感じたメリット

DCシューズを履いて感じたメリットとして

  • スケシューなので硬くて耐久性がある
  • 普段靴としても作業靴としても使える
  • デザイン性に優れており、男女兼用のものが多い

などが挙げられます。

スケシューですが、普通のスニーカーとしても使えることが人気の秘密なのかなと思います。

まとめ

いかがでしたか。

DCシューズを履いてみた感想を書いてみました。

DCシューズに興味のある方は、ぜひ購入を検討してみてください。

良ければ、はてブやランキング、お願い致します。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました