コンフォートゾーン脱出法

仕事

1月も終わりに差し掛かりましたね。皆さんは今年の目標を決めて行動していますか?

個人的な今年の目標を挙げると

・ブログを続けて、お小遣いを増やす

・英語やデザインの勉強を習慣にする

・良い場所に引っ越しをする

・健康的な生活をする

・パートナーを見つける

大体こんな感じです。

実は目標を見定めて達成するには、コンフォートゾーン(Comfort Zone)から抜け出す必要があります。コンフォートゾーンとは、直訳すると居心地の良い場所という意味です。実際コンフォートゾーンは居心地が良いのですが、長くひたると変化に伴う恐怖が増えていきます。

今回は、コンフォートゾーンから抜け出して目標達成したいという人のために、コンフォートゾーンの脱出法を具体的に紹介していきたいと思います。

コンフォートゾーンを抜け出す理由

実はコンフォートゾーンの他に3つのゾーンが存在しているのを知っていますか?私たちは、これら4つのゾーンを上手く使いこなすことが大切です。

コンフォートゾーンを抜け出す理由として

・何かから逃げるため…職場の人間関係が嫌

・仕事が面白くない

などの理由で辞める人がいますが、そのようなネガティブな理由で抜け出すのは、あまりオススメしません。他の所に行っても、同じような悩みを抱える可能性があるからです。

コンフォートゾーンを抜け出すには、自己の成長や成功のために抜け出すのが理想的だと言えます。

コンフォートゾーンを脱出する方法

ここからはコンフォートゾーンを脱出する方法を、具体的に紹介します。

1.コンフォートゾーンを含む4つのゾーンについて

最初に、コンフォートゾーンを含む4つのゾーンについて説明していきます。

①コンフォートゾーン

コンフォートゾーンは

・自分が安心できる状態

・自分でコントロールできる空間

のことを指します。要するに居心地が良くて、身の安全を感じられる場所ですね。お家だったり、人によっては職場やカフェだったりします。

②恐怖ゾーン

恐怖ゾーンは、人がコンフォートゾーンを抜けて最初に感じる状態です。

恐怖ゾーンは

・一番居心地が悪いゾーン

・何が起きるのか分からない状態

といった特徴があります。学習と成長を継続するには、このゾーンが必要になります。ただ逃げ出したら、また振り出しに戻ってしまいます。

③学習ゾーン

学習ゾーンは、恐怖ゾーンに一定期間いると感じる状態です。

学習ゾーンは

・仮説から良いイメージができる状態

・コツがつかめそうで恐怖が減るゾーン

といった特徴があります。だんだん楽しくなってくる段階ですね。

④成長ゾーン

成長ゾーンは、学習ゾーンに長期間いると感じるゾーンです。

成長ゾーンは

・学習ゾーンから学びを得た段階

・自分の成長が実感できる段階

・達成が目に見えて快感がいてくる

といった特徴があります。成果が結果として表れる段階ですね☆

これら4つのゾーンを繰り返して、人は成長していきます。

| 恐怖の先を見ることが大事

恐怖の先が見えれば恐怖が怖くなくなります。

過去に行った4つのゾーンを回想してみましょう。

例)①コンフォートゾーン…補助輪付きの自転車に乗っていた。

  ②恐怖ゾーン…補助輪なしの自転車に乗り始めた。

  ③学習ゾーン…何度も転びながらコツをつかみかけてきた。

  ④成長ゾーン…自転車に乗れるスキルで友達の家に遊びに行った。

こんな感じですね。

2.現在のコンフォートゾーンを確認する

現状でコンフォートから恐怖に入りそうなものを書き出してみましょう。

今の状態でトライしてみたいが、何となく恐怖心で尻込みしてしまうことを挙げてみます。僕の場合は、英語やプログラミング、引っ越し、転職などですね。

目標がない時はコンフォートゾーンに入っている状態です。恐怖がないと進歩がないので、恐怖を道しるべに確認してみます。

3.恐怖サインの確認

恐怖サインがあると、この先に成長があることを確認できます。恐怖を感じる時の身体の反応(心臓の鼓動が早くなる,足がすくむ,お腹が痛くなる等)を確認しておきましょう。

恐怖サインが出ている時は、方向性の価値を確認できます。

*ただし、怖いだけで自分にとって無意味なモノは避けます。

4.学習ゾーンの確認

恐怖を避けることは学びを避けることにつながってしまいます。恐怖を避けるデメリットを書き出してみましょう。

学習ゾーンでは、変化や学習しないことによる機会損失を考えてみます。

5.成長ゾーンの確認

このゾーンで自分は人としてどう変わるのか、また報酬や地位や能力、他の人との関係がどう変わるのか考えてみます。

成長ゾーンでは、やって得られるメリットを想像してみます。

まとめ

いかがでしたか。

恐怖サインが成長への一歩となりそうですね☆

目標達成したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連本を貼っておきます。

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました