脳と肌を若返らせる【チョコレートの科学】

ヘルス

「何か疲れたからチョコレートが食べたい🍫」「チョコレートを食べて、モチベーション上げよう⤴」

普段からチョコレートが好きで、定期的に食べている人は結構いるのではないでしょうか。

今回は、チョコレートを健康的に摂りたいという人のために、チョコレートの特徴や選び方、食べるメリットについて紹介しようと思います。

1.チョコレートの基礎知識

そもそもチョコレートとは

カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。

Wikipediaより引用

チョコレートの主人公はカカオ

①カカオとココアの違い

では、カカオとココアではどういった違いがあるのでしょうか。

結論から言うと、ココアはカカオ豆から脂肪分を取り除いたものです。つまり、カカオはココアとカカオバター(ココアバター)で成り立っています。

カカオは優秀な食べ物で

アンチエイジングフード肌や脳を若返る

メンタルフードポジティブな感情になる

と言った効果があります。

②チョコレートの選び方

一般的に、チョコレートを食べると太ったりニキビが出ると言われていますが、糖質が多いチョコレートを摂っているのが原因です。

おすすめのチョコレートとしては、カカオ成分85%以上で低糖質のものを選ぶのが理想的とされています。

カカオ含有率に注目☆

2.カカオはスーパーフード

①ココアフラボノイドの効果

ココアフラボノイドを1日720mg(板チョコ1/3~半分ぐらい)取ると

ワーキングメモリの向上

ネガティブな気分の減少

といった効果があります。

また3カ月ココアを飲み続けると、50代の人が10~20年ぐらい脳が若返るという研究もあります。

ココア効果、恐るべし☆

②甘いチョコが身体にもたらす弊害

ただ甘いチョコは糖分の摂りすぎで、身体に悪影響を与えてしまいます。ココア含有量が書かれていない商品は、怪しいので避けた方が無難です。

またホワイトチョコレートは、カカオ豆の脂肪分(カカオバター)を使って作っているものなので、砂糖のかたまりを食べているようなものです。

甘いチョコは程々に…。

3.頭が良くなるチョコレートの食べ方

実は、カカオとテアニンを一緒に摂る

注意力の持続力

脳の興奮を鎮める

血圧の低下

というメリットがあります。

緑茶チョコレートもオススメ☆

また、テアニンはカフェインと一緒に摂ると、脂肪を燃焼する効果があります。

緑茶だけで摂ろうとすると、たくさん飲む必要があるのでサプリで補うことをおすすめします。テアニンのサプリは、不眠やストレス解消にも効果的で、個人的にも愛用しています☆

4.カカオは強力なアンチエンジングフード

カカオは強力なアンチエイジングフードです。

カカオは、ワインや緑茶を超える抗酸化力を発揮しています。

毎日、ひとかけら(200~600mg)のチョコレート(カカオフラボノイド)を食べるだけでも、アンチエイジング効果があります。

カカオ85%以上のダークチョコレート(ビターチョコ)であれば、一日25~40g食べると効果的です。

またココアは血液脳関門のうかんもんを突破して、脳の老化を防いでくれます。

ココアは最強のブレインフード!

5.ココアで血管が若返る

またココアには、血管を若返らせる効果があります。

具体的に言うと

・血管が33%拡張され、血圧を低下させる

・血の巡りが21%アップする

といった効果があります。

その結果、男性は性機能がアップし、女性はホルモンバランスが整いやすくなります。

6.ココアは万能で女性の味方

ココアはポリフェノールが含まれており、慢性疲労に効き目があります。

またココアは

24%が食物繊維なので便秘にも効く

飲んでから一時間で肌の血流が増加

保湿力が高まり美肌になる…肌の弾力が3~9%増加、シワ1~6%改善、日焼け耐性up

といった効果があります。

女性にとっては、嬉しい効果☆

おすすめのココアパウダーとカカオニブのリンクを貼っておきます。

まとめ

いかがでしたか。

肌と脳を若返らせるチョコレートの科学について書いてみました。

チョコレートを健康的に摂りたいという人の参考になればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました