行動経済学を応用した無駄遣い防止法

お金

「余計な物をついつい買ってしまう…。」「いつの間にかお金が無くなっていた…。」

このような感覚になることはありませんか?

物欲コントロールは資産形成において最も大切なこととされています。

実際に、ミリオネアのほとんどの人は、節約と投資でお金を増やしていると言われています。

今回は、日々無駄遣いしがちな人のために、7つの物欲コントロールテクニックを紹介したいと思います。

Xserverドメイン

1.メンタル弱い人ほどお金で幸せになる

実は神経症的傾向が高い人ほど、高収入かつ使うことで幸せになることができます。

つまりメンタルが弱い人ほど

収入が上がれば上がるほど幸福になりやすい

収入の安定や貯蓄が大事

増えた収入でお金を使うとより幸福になる

ことが分かっています。

収入のアップダウンに敏感なことが理由として挙げられています。

なので、メンタルコントロールはマネーコントロールと密接につながってくると言えます。

2.7つの物欲コントロールテクニック

ここからは、行動経済学的に考えた物欲コントロールテクニックを7種類紹介していきます。

Ⅰ.セールに手を出さない事

セールという言葉には、人に余計な物を買わせてしまう心理が働きます。

セールの悪影響として

価格や価値より割引率に目が向いてしまう

割引という言葉が人間の思考力を奪う

ことが挙げられています。

セールという言葉は麻薬みたいなものですね…。

対策として、「セールじゃなかったらこれを買うだろうか?」と自分に問いかけてみます。

Ⅱ.感情会計に気を付ける

人は、ラッキーで手に入れたお金やポイント

  • 宝くじ
  • ボーナス
  • 楽天ポイントやamazonポイント

等を無駄にしやすい性質があります。

これを感情会計と言います。

実際は、ラッキーで手に入れた一万円も、苦労して手に入れた一万円もお金の価値は変わりません。

なので

「ポイントがあるから買おうかな?」という思考は危険だと認識する

「海外だから…」「高級ホテルだから…」という理由で使わない

ことが大切になります。

| カジノにおける感情会計実験

実際にカジノで行われた実験によると、同じ200ドルでも

ボーナスと言われる→考えなしに使ってしまう

払戻し金と言われる→銀行に預ける

といった違いが出ていました。

このように、言い方一つで人の行動は変わってしまいます。

なので事前に、臨時収入の使い道を決めておくことが大切になります。

臨時収入が入ったら、貯蓄や投資に回すのも良い方法です。

Ⅲ.現金を使う

現金を使うかのようにクレカや電子マネーを使います。

現金を使う痛みは、物理的なダメージ(病気やケガ)に近いと言われています。

逆に、クレカや電子マネーは痛みが少ないから、使う事に抵抗が少なくなります。その結果、現金を使うよりも浪費してしまいがちになります。

対策として

この支払いは何時間分の労働だろうか?

同じ金額の自身の持ち物を失うこと

この金額は月収の何%?

等を考えます。このように、カード払いを痛みに変換することで節約が可能となります。

Ⅳ.公平性に惑わされない

当たり前ですが、人は不当扱いを嫌がる性質があります。

ただ、お金に関する公平感は良くないとされています。

例えば

商品の金額が適正や公平かで見てしまう

価値よりも値段で見てしまう

といった公平性バイアスに惑わされないようにしましょう。

それよりも

自分にとって価値がある商品かどうかで考える

どうしても欲しいなら多少高くても買う

といった選択と集中に意識を向けてみます。

Ⅴ.ユリシーズ法

ユリシーズ法とは、未来の誘惑に意図的にバリアを張ることを意味します。

ユリシーズ法のやり方として

意図的に自由意思を消去する

ex)給料が入ったら、一定額自動的に投資・貯蓄に回す

を行います。

研究によると、このような自動システムを作ってしまうと、年間の貯蓄額が年間81%も上昇しました。

非常に強力なテクニックですね☆

良ければ、ユリシーズの本を読んで参考にしてみてください。

Ⅵ.アンカリングに気を付ける

アンカリングとは、最初に見た金額が心に残り、その後の判断が無意識に左右されてしまう心理のことを指します。

例えば、メニューの最初に高級な物を見ると金銭感覚が上がります。これもアンカリング効果の一種です。

ついやりがちな行為として、最初に店頭で見たものの値段に影響されて、ネットで同じものが安く売られていると、ついポチっと購入してしまいます。

これを防ぐには

・その商品の下調べをしておく…商品の価格や価値

・その商品のデメリットを調べておく

等の事前情報を知っておくことが必要です。

| 低減の予測をしておく

低減の予測をするのも効果的です。

買う直前が一番価値を感じますが、徐々にその物に慣れると飽きてきます。

「このバッグ、どれぐらい経つと飽きるかな?」など、自分に問いかけてみます。

Ⅶ.タイムサイクル思考

タイムサイクル思考は、明日から我慢しようを無くす方法です。

実験では

リニアグループ…毎日毎日、違う一日が訪れるという思考のグループ

サイクルグループ…人生は日々のつながりであるという思考のグループ

の2グループに分けてもらいました、

その結果、リニアグループよりもサイクルグループの方が約82%も無駄遣いが減っていました。

このように、日々のつながりを意識することで、先延ばしを無くして無駄遣いも減らすことが可能となります☆

まとめ

いかがでしたか。

行動経済学を用いた7つの物欲コントロールテクニックを紹介しました。

日々無駄遣いしがちな人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連本を貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました