最強の美肌食品13選

ヘルス

だいぶ秋めいた気候になりましたね。食欲の秋ということもあり、お店には様々な食材が並ぶようになりました。

今回は、科学が認める最強の美肌食品(スキンケアフード)13個ほど紹介します。今年は、夏の紫外線やコロナ対策のマスクの付けすぎが原因で、肌の調子が悪いと感じる人も多くいるのではないでしょうか?

化粧品で肌をお手入れするのもいいとは思いますが、それ以前に食事で身体の内側から綺麗にして、手っ取り早く美肌を手に入れましょう♪

科学が認める美肌食品13選

1.お茶

美肌に効果があると思われる順番にお茶を挙げます。

1.ホワイトティー(白茶)…近年、欧米等でも話題になった白茶。いきいきした毎日に役立つ成分やビタミンCを含むほか、癒しを感じさせる優しい風味が「美人のお茶」として注目を集めています。

2.クリーバーズ茶…炎症を緩和する作用がある為、ニキビや湿しん、日焼けなどに対して有効とされています。また利尿作用もあること為、ニキビや湿疹、日焼けなどに対して有効であるとされています。

3.ゴボウ茶…ごぼう茶に含まれるサポニンにはコレステロールや脂肪を吸着するはたらきがあるため、皮脂の過剰な分泌を防ぐ効果があるそうです。これにより毛穴が目立たなくなり、肌がきめ細かく見えるようになると言われています。

4.アンジェリカ茶…アンジェリカには血行を促進し、体を温める作用もあるといわれています。また発汗、利尿の作用により体内の毒素を排出しますので、風邪のときなどにも有効です。

2.トマト

トマトの赤い色素、リコピンは優れた抗酸化作用をもつカロテノイド色素です。紫外線を浴びると、しみやそばかすができやすくなりますが、リコピンには、メラニン色素の生成を促進する活性酸素を抑える働きがあるといわれています。

またトマトには、美肌のために欠かせないβ-カロチンビタミンCもしっかり含まれています。β-カロチンは体内でビタミンAに変わる栄養素。皮膚や粘膜を健康に保ったり、免疫機能を高めたりする働きがあるといわれています。

またビタミンCにはしみの原因となるメラニン色素の沈着を防いだり、丈夫な皮膚を作るのに欠かせないコラーゲンの合成をサポートする働きがあります。この2つのビタミンはリコピンと同様に抗酸化作用もあるので、活性酸素から肌を守ってくれる効果もあります。

3.チョコレート

チョコレートの中でも、ダークチョコレートをおすすめします。日光に当たった後に、日焼けを引き起こすのに必要な紫外線の最低量を「最小紅斑量(MED)]と呼びます。

ダークチョコレートに含まれるフラボノールは、このMEDを増加させる働きがあります。つまりフラボノールを摂取しないと、わずかな日光量で日焼けしてしまいます。

さらにダークチョコレートは、若々しい張りのある肌を維持するために必要な、コラーゲンの生成を高める働きがあることも実証されています。

4.ケール

ケールには、強い抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが、すべて豊富に含まれています。ビタミンACEは、身体の酸化(老化)を早める活性酸素を減らす作用があり、美肌効果につながります。

5.ざくろ

ビタミンCやポリフェノールが豊富に含まれています。ほうれい線やしわを減少させる効果があります。

6.アボカド

アボカドに含まれるビタミンEには、肌荒れの改善や細胞の新陳代謝を促す効果があるため、若々しい肌を維持し肌に潤いをもたらします。

さらに疲労回復や美白効果のあるビタミンCも含まれているので、美容にピッタリです。

7.シナモン

シナモンは毛細血管に働きかける作用があるので、血管の集まる箇所には特に効果が現れやすいです。

例えば毛細血管が集中している目の周りでは、クマやシワ、シミの改善が大いに期待できます。また、いつ食べてもいいですが、きれいな肌を作って維持する成長ホルモンが夜中に分泌されるため、毛細血管を修復するシナモンは、夜に摂るとより高い効果が期待できます。

8.ブロッコリー

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンが美肌に効きます。光老化や活性酸素を抑える作用もあります。またビタミンC、ビタミンE、食物繊維などが含まれています。

9.きのこ

肌の質感を滑らかに変えてくれます。きのこ類にはポリサッカロイドが含まれています。白きくらげはヒアルロン酸が含まれています。

またビタミンB群が豊富に含まれていて、糖質や脂質の代謝を活発にする効果があります。代謝が活発になると肌のターンオーバーも活発になり、美肌効果を高めてくれます。

10.オリーブオイル

オレイン酸には、過酸化脂質*¹を抑制する「抗酸化作用」があることが知られています。オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、この過酸化脂質を抑制するため、オリーブオイルを摂取することで、しみやそばかすを防ぐことが可能です。

*¹ 過酸化脂質とは、中性脂肪や悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化された脂質で、いわゆる「体や肌のサビ」と呼ばれ、エイジングを引き起こすといわれています。

11.魚

魚に含まれるオメガ3脂肪酸は肌の健康に良いです。特に、鮭やサバがおすすめです。

12.リノール酸

ヒマワリの種に含まれるリノール酸を多くとると、肌の乾燥度や劣化が少ないことが分かっています。酸化していない油を摂りましょう。

13.フラックスシード

フラックスシードに含まれる三大栄養素(α-リノレン酸、リグナン、食物繊維)は美肌づくりには特に有効だそうです。

まとめ

以上、13種類の美肌食品を紹介しました。

僕は最近になってオリーブオイルをよく摂っているのですが、肌の調子が格段に良くなりました☆

美肌になりたい人は、今回紹介した食品の中から、手軽に取れそうと思うものを選んでみてください。

このサイトをフォローする!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました